PowerDirector動画にワイプを入れる方法・タイムラインの使い方【図解】

PowerDirectorワイプを入れう方法 動画編集PowerDirector
PowerDirector使い方~動画を取り込む・つなぐ・初心者向け【図解】
PowerDirector(パワーディレクター)で動画を作る簡単な流れを図解入りで解説していきたいと思います。 動画編集が初心者でもとりあえずこれだけできたら簡単な動画を作れるよ! ①動画をPower...

PowerDirector使い方~動画を取り込む・つなぐ・初心者向け【図解】では、「とりあえず、最初の動画は一番上のトラック1においてください。」と解説しましたが、こなれてきたらテキストやBGMを配置したり、同時に動画を複数再生させたくなりますよね。

テレビでよく見る、こんなんとか(ワイプ風)

ワイプ風

こんなんとか・・・

ニュース風

PowerDirectorで複数の動画を再生させるには、まずは基礎中の基礎、タイムラインの使い方から確認したいと思います。

もうそんなん知ってるし!って方は飛ばしても大丈夫

スポンサーリンク

PowerDirectorタイムラインの使い方・基本編

タイムラインとは②の動画(素材)を配置して編集する場所です。PowerDirector編集画面

PowerDirectorタイムライン

上から順番に

動画タイムラインビデオトラック【1】動画を配置、静止画(写真)もここに配置します。
タイムライントラックビデオトラック【1】の動画の音声。動画を配置させたらここに自動的に配置されます。
動画と音声はリンクしていますが、リンクを外して音声だけ消すこともできます。
タイムライントラックエフェクトトラック【1】の動画にかけたエフェクト(特殊効果)を配置します
(エフェクトは【1】のタイムライン動画に直接かけることもできます)
タイムライントラックビデオトラック【2】動画を配置、静止画(写真)配置
タイムライントラックビデオトラック【2】の動画の音声が配置
タイムライントラックタイトルトラック・(タイトル等)テキスト(文字)を配置
タイムライントラックボイストラック・ボイス・ナレーションを配置
タイムライントラック
ミュージックトラック・BGMを配置
一応、マークがついてるため解説しましたが別に絶対にここに配置しなければならないということはありません。
例えばテキストなど文字はタイトルトラックに配置となってますが、ビデオトラックにも配置できます。
動画でもエフェクトでもタイムラインにドラッグしたら配置できるところに勝手に配置してくれます。

動画を複数同時に再生させる・タイムライン1と2の使い方

タイムライントラック1と2は同じ画面に複数の動画(静止画)を配置させたい時に使います。

タイムライントラック【1】と【2】の使いわけ

動画の配置

 

タイムライン1に背面の素材を、タイムライン2に前面の素材を配置します。

心斎橋はテキスト(タイトルトラック)ですね。

テレビやゲーム実況やユーチューバーがよく使われているワイプのようなものを入れたい場合も【1】の下の【2】トラックに動画を配置します。

 

これがpowerdirectorのちょっとややこしいところでもあって、特にIllustratorやPhotoshop・CLIP STUDIO等のイラストソフトでレイヤーになれている人は背面の動画は下のタイムライントラックに配置したくなると思います。(実際私はよく間違えます・・・)

powerdirectorの場合は、背面が一番上のトラック、前面が下のトラックになります。

 

 

タイムライントラックは追加削除することもできるます。

タイムライン上で右クリック→追加、削除

タイムライントラック

トラックを追加して3つの動画・静止画+テキスト配置だとこうなります。

①最背面 黄色のカラーボード(静止画)

②前面 街の動画

③ねこちゃんイラスト

④心斎橋のタイトル(文字)

(※心斎橋の文字と猫ちゃんの配置はかぶってないので上下入れ替えても問題ないです)

タイムライントラック・複数動画

タイムライントラック・複数動画

ねこちゃんを上に配置すると消えました。
なぜなら一番上は最背面だから。

PowerDirectorでワイプを入れる方法

PowerDirectoでワイプ窓を入れる方法はめっちゃ簡単

①まずは背面の動画(メイン動画)を配置

PowerDirector ワイプ

②ワイプにしたい動画を配置(画像は静止画ですが動画でもできます。)

PowerDirector ワイプ

③ワイプにしたい動画を縮小する

ワイプにしたい動画を選択してデザイナー→PIPデザイナーをクリック

PIPデザイナー

PIPデザイナー画面が開きます。

PowerDirector ワイプ

プレビュー画面で白い点をクリックすると矢印が出てくるのでドラッグで縮小拡大。

PowerDirector動画の縮小拡大  PowerDirector動画の縮小拡大

安心してください縦比率は変わりませんよ

動画の真ん中あたりをクリックすると十字のカーソルが出てくるのでドラッグで移動できます。

PowerDirector動画の移動

好きな位置に移動できたら右下のOKクリックでPIP画面を閉じます。

できたよ!!

PowerDirectorのワイプ

PIPデザイナーで境界線もつけることができます。(画面左側)

PowerDirectorのワイプPIPデザイナー

他にもいろいろな効果が使えるのでいろいろ試してみてね

動画の縮小・拡大・移動はPIPデザイナーを使わずにプレビュー画面上でもできます。
ワイプにしたい動画をタイムライン上で選択→
プレビュー画面でPIPデザイナーの縮小・拡大・移動と同じ方法で操作します。
拡大・縮小・移動だけならPIPデザイナーを使わずプレビュー画面でやる方が手っ取り早い気もするのですが、うっかり下の動画も選択して動かしてしまう場合があるので注意が必要です。(ロックをかけるなど)あと、PIPデザイナー画面の方が操作は軽いです。

タイムライントラックで動画を見えなくする・ロックをかける方法

タイムライントラックのロック

①「このトラックを有効化/無効化」でチェックを外すとプレビュー画面に表示されなくなります。

トラックの有効化・無効化

チェックを外したのでプレビュー画面では見えなくなりますが削除したわけではありません。

②「このトラックのロック/ロック解除」ではロックをかけておけば編集できなくなります。

タイムライントラックにロックをかけておけば誤って移動させたり、拡大・縮小・編集も防ぐことができるよ

 

タイムライントラックを追加・削除・移動させる方法

上でも少し解説していますが、タイムライントラックは追加・削除・移動させることもできます。

タイムライントラックを追加・削除する方法

タイムライントラック

タイムライントラック上で右クリック→追加、削除

ちなみにこの操作ができるのはあくまでトラックの削除で、空のトラックしか削除できません。

動画や素材がタイムライン上にある場合は削除できません。

動画(素材)そのものを削除する場合

タイムラインの動画を削除する方法

タイムライン上の削除したい動画(素材)をクリック

ゴミ箱マークで削除

もしくは右クリックで削除

もしくはキーボードのdeleteキーで削除します。

詳しくはこちらで解説してあります。

専門用語難しい